東京湾 シーバス チャーター ボート トレードウインズ

鯛ラバ・タックル

この頃はしばらく、ほったらかしにしてました。
釣り方も進歩して参りましたので更新します。・・・スミマセンm(__)m

ロッド

私の好みだと紅牙スリルゲーム N70MLB
カーボンのムク素材なので細身でもタフなハズ

あと紅牙シリーズは私も把握できないほど種類が多いですが・・・
上記ロッドでいうとN(乗せ調子)70(7フィート)ML(アクション)B(ベイトモデル)なのです。
東京湾ではNが良く、TYPE-K(掛け調子)は必要ないと思います。
長さは6.9フィート〜7フィートが良いです。
アクションはMかMLですね。
紅牙シリーズでは上記で予算と好みで選べば良いでしょう。

あと、タイラバ裏ロッドとして・・・リーディング73MH190-V
歴史のあるリーディングシリーズ。コレも中々良いロッドです。

シマノだと炎月のB610ML乗せ調子のゲーム炎月〜炎月プレミアム
コチラはスパイラルガイドなので好みが分かれますが・・・
アオリイカのシャクリでディップに糸ガラミが少なくて良いです。
ただし8本ヨリの道糸でないとシュー、シュルと糸鳴りがします。


リール

ギアの革命と言うべきマイクロモジュール(シマノ)ハイパーメッシュ(ダイワ)が出てきて私も買い替えを考えています。
何しろ同ギア比でも巻きが軽い!

リールのギア比は一長一短で、ハイギアなら巻き取りが速い。しかし巻きは重くなる。
ローギアだと巻きは軽いがタッチ&ゴーが不利・・・
どちらを重視するかはその人の巻き方と好みの問題です。
ゆっくり巻くのが苦手な人はローギアが良いかも。
タッチ&ゴーになるべく神経を使いたくない人はハイギアですかね。

ただ、ハイギアと云っても色々あります!
要はハンドル1回転で何センチ巻けるか?

参考のために私の好みだと、最低ハンドル1回転で65cmは巻きたい。(私はゆっくりでも巻けるので。)
最近ゆっくり巻いた方が釣れることが多い。。。
・・・ならローギアだろ?と、言われそうですが・・・タッチ&ゴー的には。。。

私の「好み」が変わっているのか?・・・なかなかコレだ!と、いう物が見当たりません。
各社カタログを見渡すと、「やっと有りました!」
ダイワ・リョウガ1016HL・ギア比1:6.3・ハンドル1回転67cm・255g
バス用になってしまったのでハンドルはソルティガBJの110mmダブルに変える予定
これは裏タイラバ・リールかも(笑)
以下、各リールのスペックを表示しておきます。

当船のレンタルに使用している

 紅牙ICS ギア比5.6  62cm  260g 
 新発売同IC ギア比4.9  52cm  210g 
 同TW ギア比4.9 52cm  185g 
 同TW ギア比7.3 77cm  185g 
 同ハイパー ギア比4.9  52cm  205g 
 同ハイパー ギア比8.6  91cm  205g 
 ソルティガBJ ギア比4.9  55cm  300g 
 ソルティガBJ ギア比7.3  81cm  300g 
炎月プレミアム PG ギア比5.8  58cm  250g 
炎月プレミアムHG  ギア比7.8  78cm  250g 
オシアコンクエスト200PG  ギア比4.8  60cm  275g 
オシアコンクエスト200HG  ギア比6.2  78cm  285g 


上記リョウガ・炎月プレミアム・オシアコンクエストには
マイクロモジュールギアが入っていますのでギア比の割に巻きは軽いです。

あと、新型になってローギアのみの紅牙ICですが・・・
名前とカラーが変ったまんまハイギアモデルを見つけました!
スパルタンMX-IC(ベイトではなく両軸リールの分野?)
ギア比1:6.3・1回転70cm・210g
ハンドル105mmに一回り大きなMサイズのノブが付いてます!



これこそ入門向きベスト裏タイラバ・リールかも?!

入門者またはカウンター付きが良い人は良いかもです。

一番重要なライン

0.6号か0.8号を200m巻いて下さい。(150mは高切れを考えるとヤメた方が無難)
春の速潮(二枚潮)等には細い方が底ダチを取り易く有利ですが、
その分擦れに注意が必要です!
あと船底を挟んでオマツリしたら、その分カットする必要もあります。(ほんの少しの傷でもブレイクしますから。)
06でも08でもオマツリが多発する環境ではオススメできません。
(少人数だから使用可能な細ラインだと思います。)

最高級品からリーズナブルな物まで試してみましたが・・・
よつあみウルトラダイニーマWX8
コーティングつるっつるで確かに良いです!

春の速潮には0.6号が使いやすい!



しかしながらコスパが高いとは言えません。
私は0.6号・200m・¥11200で買いました。(現在も使用中)

サンライン・ブレイド5&よつあみベラガス船×4
この2品は0.6号・0.8号ともに200mで¥1700〜¥1800で買いました。(かなりお安いです!)
強度的には全く問題はありません。
視認性はよつあみの色分けが上。
しかしながら両者とも4本ヨリなのでスパイラルガイドの竿を使うとガイドに糸がコスレる音が気になりました。
4本ヨリは断面が四角に近く、8本ヨリは円に近いそうです。
トラブったらブチブチ切って、また新品を買えば良い!と思うベテラン向きかも?!

んで、最近巻いてみた上記ベラガス船の8本ヨリ版!
こいつはコーティングも4本ヨリよりツルツル感大!



使用感は最高級ウルトラダイニーマWX8とリーズナブル品の中間よりも最高級品寄り。
このへんがオススメ的には一番かな。
私は0.8号・200m・¥3700で買いました。

鯛ラバはタッチ&ゴーが肝!

底ダチが思うように取れないと釣りになりません。
水面と底潮の向きや、スピードが違う‘‘二枚潮,,の時に慣れないアングラーが釣れないのは、このせい・・・

着底すぐにリトリーブを開始したつもりでも、実は最初の数秒は、たわんだラインが張り始めてるだけの場合も・・・

だから普通に巻いているつもりでも、実際は思ったより遅いスピードでオモリが上昇しているハズ。
それで速巻きの方が比較して釣れるのでは?!


通常はPE08号をオススメしていますが・・・
春〜初夏の速潮で、特に初心者の方は細いラインが確実に底ダチは取りやすいと思います。

しかしね、PE0.6号はかなり細い!
鯛ラバにおいての強度は充分ですが・・・
もし、オマツリとかして目に見えない小さな傷でも切れるかも知れません。(まあ、それは08号とて同じですが)

オマツリして船底をこすったなと思ったら、その分カットした方が良いかもです。

まあ、当船は乗合の場合、6名限定だし、最近は片舷流しをすることも多いので
大人数の大型乗合船のようにオマツリ頻繁という事はありません。

PE0.6号は各社から出ていて、200mあたり2千円台〜1万円台と様々!
何しろ値段は5倍くらい違いますから、とりあえず安い物で試すのはアリだと思います。
たぶん安い物は色落ちが激しいと思いますが、回数やらない方には関係ありませんよね。
強度差はパッケージ表示を見る限り変わりはないようです。

また、研究熱心の方は各社の糸の標準直径を調べてみてください。
何号という表示は曖昧ですから。

ラバージグ

今は固定式の鯛ラバは姿を消し、遊動式オンリーとなりました。

更新をサボっていてスミマセンm(__)m
従来の固定式の記事は削除しました。

ラバージグは80g ・ 100g ・ 120g を使います。
特に春は潮が速いので120gは必須!
また冬期の深場でも120gを使う事もあります。

各社からリリースされる遊動式鯛ラバですが・・・
今のところ似たりよったりで、コレが一番という物はありません。

当船の場合、リーダーフロロ4号・5mの先にスイベルを付けて、その先に1.2mほどフロロ5号を付けて、
その先にラバージグを結んでもらっています。
フル遊動だと、オマツリしたのが解らないこともありますので・・・

フォール中に他者のラバジグと針がオマツリしてもオモリは落下し続けますよね!・・・これは厄介です。

システムが良く解らない人は乗船時に説明します。

レンタルタックル

鯛ラバ専用ロッドにリール紅牙ICSをセット

*初心者の方に最適なロッド&リールです!



リールはグローブライドさんの協力も得て、ドラグ性能など完璧にメンテナンスしてあります。
又、使用後はPEラインにシリコンスプレーで毎回コーティングしておりますので、トラブルフリー。
右H×4 ・ 左H×2 ・ 計6セットを御用意しました。
(まだその他にも高級機セットが数台ございます。)

ロッド&リールセット・・・¥2000
プラス・ラバージグセット・・・¥2500

プラス¥500で船長自作のラバージグ付きも用意しました。
*ラバージグを自分で買って来ると、2個は買いますよね?
それだと¥2500位にはなってしまうので全部レンタルした方がお得です。
又、市販の物の中には東京湾に適正でないフックが装着されている場合があります。
船長オリジナルでは、その時に合ったネクタイも使用しておりますから安心です。

但し、ラバージグはロッド&リールと共に返却して頂きます。
ラバージグをロストした場合、1個に付き¥1000頂きます。

乗合は2名様以上で出船します。(最大6名様)

前日の15時までに2名に満たない場合は中止となります。
(言い出し様の御都合もございますので・・・)

15時の時点で2名以上6名未満の場合は19時まで予約を受け付けます。
(それ以降は船長寝てしまいます。)

どうしても早い時間に予定を組めない方は船長携帯にショートメール(090-3538-8639)を入れておいて下さい。
翌日、出船1時間〜1時間半前にお返事いたします。

☆ 鯛ラバ お問い合わせ・質問等 ☆

電話 : 044-511-0092
船長携帯 : 090-3538-8639
メール:masuyo@navy.plala.or.jp


東京湾 シーバス チャーター ボート トレードウインズ